スキー・スノボ初心者&女子必見!持ち物や服装の注意点と必需品

今年ゲレンデデビューされる方にとって

『何をもっていったらいいのだろう?』

『レンタル用品は何があるのだろう?』

と不安に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

今回はゲレンデであると役立つアイテム等、
初めてのボードデビューで困らないアイテムをご紹介したいと思います。

初心者おすすめ持ち物(板編)

スキー場は基本レンタルできるので、
初心者の方はレンタルでも大丈夫かと思います。
レンタル値段相場は4000円~5000円くらいです。

スノーボードであれば3点セットもおすすめ!

何回も行こうと思ったら3点セット(ボード、バインディング、ブーツ)も全然ありです。
自分のものとなれば、愛着も湧きますし、何回も行く気にもなれます。

スキーであれば4点セット!

スキーの長さは長いほど操作が難しいので、
初心者の方は短い板を選ぶといいです。

平均は身長の5~15cmほど短いのがいいと言われています。

初心者おすすめ持ち物(ウェア編)

ウェアもボード同様レンタルできます。
レンタルの値段相場は3.000円~3.500円ぐらいです。

自分専用のスノボウェアを探す!

レンタルもできますが、やっぱり自分のウェアがあるとおしゃれだし楽です。
値段も数回行けば、持っていた方が得だったりします。

つなぎタイプのウエアーもおすすめ!

つなぎタイプのオールインワンのウエアーもおすすめです。
隙間から雪や水分が侵入してこないので一度着込むと大変暖かく一枚で
コーディネートが完了するのもうれしいポイントです!
ただ一点…着脱が簡単ではないので休憩時は気を付けましょう。

グローブは防水が絶対!

グローブもほとんどレンタルできるかと思います。
注意としてはグローブはレンタルないとこもあるので、
調べておく方がいいと思います。

レンタルだと防水じゃないグローブ等もあり
グローブは自分で持参することをおすすめします。

初心者おすすめ持ち物(レンタルできない編)

ボードセット、ウェア、グローブの3点が基本的にレンタルできる持ち物セットです。
ここからはレンタルじゃないけどあった方がいい!のまとめです。

初心者は”おしり”守ろう!

スキーに行かれた事のない方が、
『どこが一番寒いのかな?』
と考えられた時断言できるのがおしりです。

なんで”おしり”?と思うかもしれませんが、
はじめはびっくりするくらい滑れません。

まず立てません=スノーボードを足に付けた状態で
雪の上に座っている時間が必然的に長くなります。

ウェアを選ぶことも重要なのですが、
それ以上におしりを守ってあげる事も大切です!

尻もちをついたときに痛みをやわらげる事にもつながりますので、
おしりパットを装着することをおすすめします!

薄手のものから分厚いものまで、
ウエアーのサイズ感に合わせたパットを使用しましょう。

ネックウォーマーと帽子はマストアイテム

ゲレンデでは可愛い髪型は勿論大切ですが、
自分の身を守ることはもっと大切です!

帽子は耳あてがあるかないかでかなり体感気温も変わるので、
耳あてありの帽子をおすすめします!

またネックウォーマーも乾燥と冷たい
冷気からお肌を守る役割があるので装着したほうが安心です。
ネックウォーマーあるとないでは、寒さは全く違います。

防寒対策をしっかりする

初心者の方で、ゲレンデに初めて行かれる方は天候にもよりますが、
時には氷点下10度近くになり、
吹雪で前が見えなくなるような天候に見舞われる日もあるので寒くない服装を準備しましょう。

ヒートテックとタイツを着用する

私はボードに行く際必ずタイツを着用していきます。といいますのも、
スウェットなどのズボンはブーツを絞めた時に足を痛める原因にもなりますので、
タイツに厚手の靴下を着用しています。
一番肌に近いヒートテックやタイツは必ず一枚着用するようにしましょう。

厚手の靴下を履く(替えの靴下も忘れずに)

足元が冷えるまたは濡れるともうスノボやってる場合じゃないくらいきついです。
足元は必ず温めた方がいいです。

防水スプレーは撥水効果抜群!

撥水効果の少なくなったウェアには防水スプレーがすぐれもの
ボードをしていて寒くなる原因はウェアに雪や雨が、
侵入して湿ってしまう事も大きな要因の一つです。

着用して数年たったウェアは、
撥水スプレーをしてあげるとウェアが湿る事を防げます。

あると助かる女子ボーダーならでは必須アイテム

motimonorisuto
スノーボード中のお化粧ですが…溶けます。
ウォータープルーフのマスカラや乾燥から唇を守るリップクリームは、
内ポケットに持っておくと安心です。ただ胸ポケットには入れないでください!

私はボードを始めたばかりの時に、
おもいっきり前向きに転倒してしまい胸に入れていた
ファンデーションのケースがバキバキに割れました…ケースのほうがです。

それほどまでに転倒時の衝撃は大きかったので、
胸ポケットとお尻にはティッシュやハンドタオルなどの
柔らかい素材のものを入れましょう。

また疲れた時の体を癒すのは甘いもの!
大きなゲレンデではクレープ屋さんやワッフル屋さんなど、
女子大好きスイーツがあるお店がたくさんありますが、
ポケットにチョコなどを持っておくとリフトに乗りながら食べたりもできます。

意外と忘れがち!あると便利な持ち物リスト5選!!

ここからは意外とあると便利!な持ち物リストを紹介します。

1.防水スマホケース

写真撮影も大切!
防水加工のスマホケースもおすすめです!

携帯電話を落としてしまったり、
ウェアが濡れてしまってもケースにいれておくだけで安心!

2.カイロ

寒くなった時用に2.3枚持ち物に入れておきましょう。
天候によっては暑くなる場合もあるので、
寒くなってからつけるようにしましょう。

3.パスケース・キーケース

リフト券を入れるためのホルダーは、絶対あった方がいいです。
毎回見せなきゃいけないので入れたまま見せれる片面が透明なパスケースがいいですね

4.小さなお財布

大きなお財布はポケットに入れる事ができないので、
小物入れを持参しましょう。
昼食時に使用する金額や、
万が一落としても困らない額だけを入れておくようにしましょう。

5.健康保険証

意外と忘れるもの一位!健康保険証。
万全を期していても怪我をしてしまった時、
持っていないと困るのが健康保険証です。
備えあれば憂いなし!必ずお財布に入れておきましょう。

スノボ&スキーデビューを最高の思い出に!

ゲレンデマジックと言う言葉があるように、
ゲレンデでのあったかファッションは普段の何倍も可愛く目に留まるものです!
暖かくておしゃれなアイテムを身に着けてウィンタースポーツを満喫しましょう!

ここでしか見る事の出来ない景色が見れたり、
ボードが万が一滑れなくても友人と雪遊びをするだけでも童心に帰り、
充実した素敵な一日になること間違いなしです!

初めて滑れた瞬間の喜びは、私も未だに忘れられません!
皆さんも素敵な雪山デビューをかざってください!

スポンサードリンク