初めてのスキー!子供への教え方やおすすめヘルメットやハーネスグッツ!

ウインタースポーツの季節!
子供や初心者にスキーをどのように教えたらいいのだろう?

と思われた方にあると役立つ便利アイテムと
一番初めの教えるポイントについてご紹介したいと思います。

まずはじめに子供にスキーを教える時に一番大切な事はなんだと思いますか?
それはスキーが面白くて楽しいという事を覚える
ことが一番重要なポイントです。私自身父にスキーを教えてもらい、
スキーが大好きになり子供が4歳になった時にゲレンデデビューしました。

まずは決して高額ではないですが、
プラスチックではない本物のスキー板を子供と購入しにいきました。
プラスチックの板はあくまでおもちゃの板です!

自分のスキーを一緒に選んだ喜びがあったので、
1時間もしない間にリフトに怖がらずに乗って、滑る事が出来ました。

はじめはレンタルでも可能ですので、
子供の足の大きさや身長にあった大人と同じスキー板を履かせてあげましょう。

子供への教え方のポイント

それでは、子供へスキーの教え方をポイントにまとめたので順をおってみていきましょう!

まずは転倒する練習しよう!

スキーで大切なのは滑ることよりも、まずは止まる事=転倒することです。
転倒して起き上がれなければ滑ることもできません。

緩い勾配のところで、
ゆっくりゆっくり滑らせて最後はコテンと尻もちをついてもいいので、
転倒して止まる事を教えてあげましょう。

滑れた喜びが大きいと、尻もちをついても子供は自然と自分で起き上がります。
慣れるまでは手を貸してあげてもいいです。

決してスキーを嫌いにならないように。
滑る=楽しい!のイメージを子供につかませてあげましょう。

なるべくリストを使い、歩かないようにしよう!

スキーを板に履いた状態は、大人にとっても足を固定され慣れない状態です。
子供のとっても長い板がついた状態は心地いいものではありません。

まずは少しだけ歩いて、
片足だけ板を履かせた状態で滑る足と滑らない足の違いを理解し、
5メートルほど滑れるようであれば緩いリフトに乗ってみましょう。

『いきなりリフト?』と思われるかもしれませんが、
子供にとってはリフトもアトラクションの一つです。

歩かないといけないところはスキーを付けて歩きますが、
ただただ横歩きで登る行動は子供がスキーを楽しくないと思う事にもつながりますので、
リフトに乗ってみましょう!

子供にスキーを教える為に役立つ三大アイテム

リフトに乗る事ができればまずはじめは子供に滑る感覚を体感させるため、
こちらのアイテムを使用しましょう!

・コーチベルト・ハーネス

子供の腰に装着し、
後ろから大人が引っ張る形になります。

子供って意外といきなり滑れたりするものだと、
こちらを使用して実感しました。

後ろからスピードがでないよう体を固定するアイテムで、
スピードが制御できるようになるまでは
使用してあげると滑る感覚を身に着けやすく、上達も早くなります。

・トライスキー

子供の板の先端に装着し、
板が広がらないように制御するアイテムです。

スキーを始めた一年目はプルークボーゲンを
マスターすることを目標にしましょう。

プルークボーゲンとは板の先端を閉じた状態で
三角形の形になるように滑る方法です。

スキーの上達にはこのプルークボーゲンが最も基本の形となり、
板に力を伝える感覚を一番ダイレクトに感じる事ができる滑り方です。

プルークボーゲンができればスピードの調節や勾配のある斜面も滑る事ができ、
自分の力で転倒することなく停止できます。

このプルークボーゲンが自然にできる形をつくれる
トライスキーというスキーの板止めは必須アイテムになりますので、
是非使用してみてください。

・頭の安全を守るヘルメット

子供とスキーをする上で一番気を付けなければいけない事が、怪我です。

子供が転倒時に怪我をする確率よりも、
他のスキーヤーやボーダーと衝突時に怪我をする確率のほうが高いです。

そんな時に一番守らないといけない箇所は、頭です。

本物のスキーを履くのと同じくらい、
ヘルメットの装着は大切な事だと思います。

特に子供が滑るゲレンデは初心者の方が多く、
衝突が注意していても避けられない状況を私自身も何度も目撃しているので、
ヘルメットまでとはいかなくてもニットの厚手の帽子は必ず着用しましょう。

子供の吸収力は凄い!

子供とスキーをしていて感じる事は大人が三日くらいかけないとマスター出来ない事も、
子供だとものの1時間でマスターできる!と感じる事がありました。

それだけ子供の吸収力と柔軟性は素晴らしく、
驚くスピードで上達していきます。

自分で教える事ができるかな?と不安に思う方は、
半日からのキッヅスキースクールも各スキー場で開催されておりますので、
基本のこつをプロのインストラクターの方に教えていただくのもおすすめです。

楽しく安全に子供と一緒にスキーを楽しんでください。
最近のスキー場はキッズエリアを充実していますので、
ソリ遊びも是非合わせて楽しんでみてください。

大人になってから乗る子供のソリは、
スリリングで童心に帰る事間違いなしです!

スポンサードリンク