秋冬おすすめ!釣りガールのあったかファッションアイテムで寒さを吹っ飛ばそう!!

皆さんは釣りガールという言葉をご存じですか?
最近釣りが大好きな若い女性の事を相称して釣りガールと呼ばれています。

釣り=泥臭い・男性の趣味 というイメージがついてきますが、
最近では釣り番組で女性が大物の魚を釣り上げる様子や、
釣り具の進化に伴い気軽に始められる趣味としていろいろなメディアで取り上げられています。

釣り道具の進化だけではなく、釣りガールの服装も機能性は勿論、
ファッション性を重視したアイテムが多数取り揃えられております。

特に着込める冬はアイテムの合わせ方でコーディネートの幅が広がる季節。
まずは形から!自分の好きなファッションにみを包み、
ゆっくり魚を待ってみてはいかがでしょうか?

冬の女子釣りマストファッションアイテム!

釣りガールファッションといっても気軽に取り入れられるものから、
本格派まで多彩なラインナップがあります。

こちらでは冬の女子釣りマストファッションアイテムを紹介していきたいと思います。

一番の悩みどころジャケット・パンツ

季節にもよります特に冬の釣り場は、
海釣りバス釣りともに風と雨を考慮した服装を選ぶことが大切です。

水辺の気温は体感温度で氷点下に感じることもあるくらい、
ジャケットとパンツのチョイスが重要になってきます。

私は趣味でイカ釣りによくでかけるのですが、
朝方や日が落ちてから釣りをするので防寒には気を付け、
風邪をひかないように温度調節できる服装を心掛けて選んでいます。

ナイロン素材のジャケットとパンツは外気温に影響されることが少なく、
内側に着込む事もできるのでお勧めです。

また派手な色の服装は安全面からいっても周囲に自分の存在を知らせることができるので、
普段は着ないような派手な色のアイテムを選んでみるのもいいかもしれません。

万が一防波堤から転落した際救助を求めるホイッスルや、
水面に落ちた際のみ広がるライフジャケットは命を守る大切なアイテムです。
その中でもモンベルのジャケットはやはり群を脱いて軽く暖かいです!
動きやすいですし暖かいもう言うことなしです!

帽子もお忘れなく!

意外と忘れてしまうのが帽子!釣り針が髪の毛に絡まってしまったり、
冬の釣りはとにかく耳が寒くなるので耳までカバーするタイプの帽子がおすすめです!

夏場は強い日差しから肌を守る意味でも必ず帽子は着用しましょう!
私は帽子を忘れてタオルを頭に巻いて釣りをした経験があります。

玄人感はありますがやはりタオルはおしゃれではありません。
夏の暑い時期に合わせたメッシュ素材のものから、
首の日焼けを防ぐカバーのついたものまで季節に合わせた帽子を選びましょう。

紫外線から目を守るサングラス!

サングラスは一年間通してあると便利な優れものです。
釣り場は潮風がつよかったり一日外にいると紫外線で目が赤く充血してしまったりします。
季節に合わせた透明度のサングラスを持参しておくと安心です。

超優れものの指三本出しの釣り専用手袋!

帽子同様指を保護してくれる手袋もこのような針に餌をつける3本指さきがカットされたものがおすすめです!
餌の取り付けや、ルアーの処理もこのタイプの手袋なら安心!

スポンサードリンク

バイクorスノーボード用マスク

ネックウォーマータイプのマスクは首からすっぽり顔を覆う事ができるので、
冷たい海風から肌を守ってくれます。

寒冷差ではだが荒れてしまうのを防ぐことができますので、
持ち物に準備しておき気温をみて使用しましょう。
スノーボード用のマスクで検索すると可愛いものが沢山出てきます!

あると本当に助かるひざ掛け

マスク同様夜釣りや寒い時期にあると助かるのがひざ掛け。
釣り以外のアウトドアや車中での仮眠時も使用できるので、大きめのひざ掛けがおすすめ!

手洗い用ポンプ式洗剤

釣りを終えた後は必ず洗剤を使い水道水でキレイに手を洗いましょう!
使用した釣り具も手持ちのタオルで清潔に水分を拭きとる事で、
次回使用時スムーズに使用できるだけでなく海水や淡水の水滴からサビを防ぎ、
帰りの車中も清潔な状態で帰宅することができる為タオルは多めに持っていくようにしましょう。

手洗い場がない場合は拭き取りタイプのシートがあると安心!
魚のにおいはその場で清潔に拭き取りましょう。

ゆったりとした釣りしたい人向け!腰かけ用椅子

腰かけ用の椅子は小型のものとキャンプなどに使える
ドリンクホルダーのついた椅子を使い分けています。

ゆっくり足場が安定しているところでは
大きめの椅子に腰かけゆっくり釣りができるので釣りに行く際は必ず持参しています。

あるだけで心もあったかくなる保温機能付きタンブラー

保温機能のついたタンブラーにコンビニで購入した
コーヒーを移し替えて釣り場にいつも持っていきます。

一度漁場につくと飲み物の購入の為に離れる事が難しい場合がありますのでタンブラーがあると安心です。
釣り場において座っている時間のほうが必然的に長くなるので、
暖かいコーヒーを飲みながらあたりがくるのを待ちましょう。

まとめ

・安全で機能性を重視したアイテムを選ぶ
・防波堤釣りなど足場が悪いところでは、滑り止めのついた長靴の履き、ライフジャケットを着用しましょう
・気候に合わせた季節のファッションを釣りにも取り入れよう!
・釣った魚と写真撮影もお忘れなく

孤独な趣味と思われがちな釣りですが、餌がわからなかったりルアーや釣り場が分からない時、
隣に居合わせた方が丁寧に教えてくださり釣った事のない魚が釣れた経験があります。

釣れる日もあれば竿がピクリともしならない日もあります。
その場に行ってみないとわからないドキドキ感を胸に、
可愛いファッションに身を包み釣り場にお出かけしてみるのはいかかでしょうか。

釣りデビューのあなたへ!!便利な必需品持ち物リスト10選!!

2016.12.19
スポンサードリンク