阿部寛の身長・体重は?逆サバ疑惑?親の遺伝なくなぜ伸びた?若い頃や比較画像も!

今回はモデルから人気俳優になった阿部寛さんの身長・体重、逆サバ疑惑などをお伝えします。
また、若い頃の画像や共演者との画像あり!

身長は午前と午後で違う?逆サバ疑惑について!

阿部さんの身長は189cmと公式発表されています。
ところが!本当は192cmあるとか・・・。
それについて、ご本人は「午前中は192cm」と話していたそうです。

身長を低く見せるワザをTOKIOの番組で披露!

TOKIOの番組で、背が高すぎるから一緒にいる人と少しでも近い距離感を作る工夫を披露していました。
その方法とは片方のヒザを軽く曲げることによって背を低く見せる、とのこと!「5cmは低くなる」と言っていました。

ヒザを曲げ背を低くしていることを証明中の阿部さん。
松岡昌宏さんは181cmですが、この時「阿部さんと同じ目線になった」と感動していました。
確かに阿部さんが低くなっています^^

阿部寛の体重とジム情報!

公表している体重は75kgですが、役によって体重の増減が激しいのが俳優です。
阿部さんも2011年「天国からのエール」では1日に7キロの減量をしたそうです。

余命3ヶ月と宣告された主人公と若者たちの交流を描いた感動作『天国からのエール』。
本作が公開初日をむかえ、主演の阿部寛をはじめ、ミムラ、桜庭ななみ、矢野聖人、森崎ウィン、野村周平らキャスト、熊澤誓人監督が本編上映後に劇場に登場。

代表作、2012年の映画『テルマエ・ロマエ』の撮影前には連日、ジムへ通っていました。
この時はガッチリ体型にするために筋トレをしていたから体重は増やしたのではないでしょうか。

そして2013年の「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」に主演が決まった時のエピソードがこちら。

「監督、何キロやせましょうか?」
阿部が、行定監督との初めての打ち合わせで発した第一声である。
いきなりという印象も受けるが、松生というキャラクターへの強いこだわりがうかがえるひと言だ。
松生は、昏睡状態となった妻・艶が過去に関係を持った男たちの遍歴をたどることで自らの愛の大きさを量ろうとする。
その愛の強さゆえに狂気を帯びるほどやつれているという設定で、話し合いの中で阿部が導き出した数字は11キロ。

これには監督も「面食らうと同時に、感動を覚えた」とのこと!

しゃべくり007に出演された際に休日の過ごし方は『ジムにいくか、ホームセンターにいく』と明かされています。
ジムは定期的にいっているようで3時間トレーニングしているといいます。
役柄に合わせてトレーニングを行うようですが、こないだはたまたま3ヶ月仕事が入ってなかった為、ジムに通われていたようです。

阿部さん、すごいです!

背が高いのは遺伝じゃなかった?


伊藤英明さんとのツーショット^^伊藤さんも183cmと背が高いです。
こんなに背が高いと家族みんなが高身長だと思うのですが、家族の中で阿部さんだけでした。
お兄さんは170cmくらいだそうです。

スポンサードリンク

阿部寛の若い頃の画像!

1985年、姉に勧められて優勝賞品である車ほしさに「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募し優勝。以降、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍。

しかしモデルで人気絶頂かつバブル時期だったため投資にマンションを購入してしまいます。
その後、バブルの崩壊と自分の人気も低下してしまう、という悪い方向へ・・・。

大ファンの南野陽子と共演!

1987年、映画「はいからさんが通る」で俳優デビューしました。

初々しいですね!俳優デビューの理由が「大ファンの南野陽子と共演できる」からだったそうです^^なんかカワイイ理由ですね~。

仲間由紀恵と共演で再ブレイク、その後は借金完済!

2000年の仲間由紀恵主演「TRICK」や2006年の「結婚できない男」等で際ブレイクを果たしました。
2007年にはバブル時代の人気つながりで映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」に出演し、舞台挨拶の際に「バブル時代に作った借金を最近返し終わった」と話していました。良かったです^^

木村拓哉とのツーショットで・・・。

2001年、木村拓哉の主演「HERO」で共演した一場面ですが、腰掛けている阿部さんと立っているキムタクの身長が気になります・・・。

阿部寛と東出昌大が大根役者の意味は?

メンズノンノモデルの後輩で俳優としても活躍中の東出昌大さんですが太い眉と背格好が若い頃の阿部さんに似ていますね。
ネットには「阿部寛と東出昌大は大根役者界の良い棒」なんて気になるワードがありました。
この意味するところが、こちらです。

「棒」とは「棒読み」、大根役者のことで無表情や、抑揚のない話し方が味になり「良い棒」という評価。
「例えば、無表情や、抑揚のないしゃべりにちゃんと意味がある強烈な役柄を演じることによって、それが味わいになってくるパターンもあります。
かつては『棒』と言われた阿部寛さんなどがそうですし、今では東出昌大さんがその筆頭かなと思います」

「良い棒」で安心しました^^

「下町ロケット」で共演の吉川晃司とのエピソード

吉川さんが社内を全力疾走するシーンを見て阿部さんは「僕がデビューする前から大スターだったので吉川さんが久々に走る姿をみた!」と感動したそうです。

「下町ロケット」で娘役の土屋太鳳とのエピソード

同作で共にボウリングをした阿部については「深い目をされている方です。利菜としても土屋太鳳として私を受け止めてくださり、本当に感謝しています」と笑顔を見せた。

ファンからも「ステキな親子!」と好評な2人です^^

阿部さんは2008年に15歳年下の元OLの女性と入籍し2011年に長女、2012年には次女が誕生して実生活でも父親になっています。
これからも応援しています!

スポンサードリンク